脾のチネイザン

  • LINEで送る

脾のチネイザン
くよくよ思い悩むと「脾」を傷める!

消化吸収の働きを総称して「脾」と言い、
脾臓だけではなく胃や膵臓を指します。
「脾」のトラブルが表れるのは胃腸で、
食欲不振や食べ過ぎなどはその代表的なケースです。
以下のような症状がある場合は要チェックです。

・甘いものが好き
・取り越し苦労、心配性
・雨の日は調子が悪い
・肌が黄色っぽい
・口臭が気になる
・顔のたるみが気になる
・消化不良、胃下垂ぎみ
・何を食べても太れない
・口角が切れる、唇が荒れやすい

食後の甘いものをやめられないという人は多いと思いますが、
「脾」に問題がある証拠です。

自然の甘み(さつまいも・とうもろこし・かぼちゃ等)で補いましょう。

また、水分代謝がうまくいかずむくみが出やすかったり、
水分を取りすぎてバテてしまうのも「脾」が弱っているサインです。

膵臓と胃を同時にケアしてあげる事で心と身体をほぐしていきましょう。
ふたつの臓器が位置しているのは左の肋骨の下あたりになります。
膵臓は胃の裏側に位置しているので、両手ゆっくり押してマッサージをしていきます。

不安や不満をためてしまったり、過ぎたことを後悔するなど、
くよくよ思い悩む事も「脾」の機能が落ちているサイン。

そんな時は冷たく硬くなった場所をほぐして、
余分な水分と一緒に悩みも流してしまいましょう。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。