肝のチネイザン

  • LINEで送る

~肝のチネイザン~
溜め込んだ怒りが肝臓を傷める!?

ストレスを一番受けやすい臓器が「肝臓」です。
ちょっとしたことで怒りを感じたり、
イライラするときは「肝」がダメージを受けている可能性が高いです。
以下のような症状がある場合は要チェックです。

・朝ぱっと起きられない
・疲れやすい
・イライラする
・右肩が特にこる
・足がつりやすい勉が硬くて出にくい
・目のかすみ、充血
・生理不順

肝にダメージを受けていると、その臓器だけではなく
機能全体を司どる「自律神経」に影響が出ます。

「肝」は陰陽五行では「木」に属しており、
樹木のように気血を体内に巡らせ、筋肉に栄養を送り、
のびのびと動けるように調整する役割を担っています。
自律神経の乱れが感情を乱すように、
「肝」の働きが悪くなるとイライラが生まれて、
その怒りを溜め込むことで「肝」を傷めてしまうのです。

肝臓が位置しているのは右肋骨の下あたり。
そっと押したときに固さや冷たさがあったら
ストレスが溜まっているのかもしれません。
睡眠をたくさんとったり、
気分転換を心がけてストレスを解消するようにしてくださいね。

肝のチネイザンマッサージを続けていくと
イライラや落ち込みが減って心も穏やかになっていきます。
目とのつながりが深い臓器なので、
目の疲れを感じた時にもおすすめです。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。